高校生の頃の話です。まだ携帯電話なんてみんな持ってい

ない時代だったので、かっこいい腕時計やおしゃれな腕時計

を皆で競って着けていました。なので、彼氏の誕生日には、

お小遣いをためてブランドの腕時計をプレゼントしました。

 高校生にしてはずいぶん奮発したプレゼントだったので、

時計屋さんには「今時の高校生はリッチだなぁ。」とビック

リされたのを覚えています。

 そして私も自分用に、ペアウォッチを買いました。レノマ

の腕時計で女性用は男性用より一回り小さかったです。

 その後、半年くらいで彼氏とはお別れしたのですが、何と

私は時計を返してもらったのです。一度プレゼントした物を

恥ずかしげも無く取り替えすなんてよく出来たと思います。

 それから数年後、新しい彼氏が出来たとき、さらに私は信

じられない事に、その彼氏に元彼から取り戻したレノマの時

計をプレゼントしました。そしてまた別れた時に取り返しま

した。そして次の彼氏にもプレゼントし、別れた時に取り返

し、三度目に取り返した後は私のとセットで売りました。

 腕時計なんて自分で買ったのは後にも先にもあのペアだけ

です。その後携帯が普及して、腕時計なんてしなくなりまし

たから。なので、腕時計というとあのペアウォッチを思い出

し、自分の強欲さに呆れるのです。

ダニエルウェリントンの腕時計なら『腕時計エリア』にお任せ下さい!
http://lk-shop.net/

ディーゼル時計メンズ商品のDZ1206は、リュウズのデザインに特徴があります。
普通は、腕時計として針が見えやすいように、文字盤のガラスの上には何も装飾しないのが一般的ですが、DZ1206は、リュウズのところから金属プレートがカバーのように時計の中心に向けて重なっており、短針は問題ないのですが、10分から20分の間は、長針がどこを指しているかはっきりしません。

こんな大胆なデザインができるのはディーゼルらしいところです。
プレートの上部には、『DIESEL』のロゴが刻印されており、下部には、10BARと10気圧防水であることが明記されています。

そして、溝を切ってあるところから覗いているのは日付の数字です。
ブラックの文字盤に白いラベルがくっきりと目雑デザインになっています。
文字盤は12だけが数字で表記されているのがより存在感を際立たせています。

裏ブタには、ワイルドなモヒカンのブレイブマンの横顔が刻印されています。
レザー・ベルトがよりスポーティーな雰囲気を出しているディーゼル腕時計DZ1206は野性味溢れるデザインです。

ディーゼルの腕時計なら『腕時計エリア』にお任せ下さい!

luminox時計というと、軍隊であるアーミィのイメージが強いです。

最初に目する人は、自発光が他の時計のルミブライトの状態よりも強く感じる時計だちおうことではないでしょうかで。

タフな時計は沢山ありますが、ルミノックスはネービィーやスワットの隊員も使っているという話題はとてもアウトドアに頼りになる時計だという事です。

最近では、色んなコラボレーションをしてちょっと無骨なデザインだったルミノックスが、

ヨットマン仕様になって、タウンカジュアルな方向性を持ってきたので、万人向けの市場も開拓してきている感じがしています。

でも、ブレイクしたのは映画とのコラボでしょう。ジョージクルーニーが使っていたのは記憶に残っている事と思います。

映画の俳優やゲームとコラボするとやはり人気が出るようです。

それでも、自衛隊との共同開発などのデザインが出てきているので、機能もどんどん進化しています。

軍隊で使うのですから、いくら自発発光の文字盤が良く見えるとしても、

敵の標的になっていはいけないといった、配慮がされているのは、さすがです。

敵に気づかれず、自分自身だけが見る時ははっきりとわかるのは、素晴らしい技術だと思います。

それに、ナイトモードの発光状態の文字盤もシャープなデザインで、洗練されています。

過酷な現場で使う時計でありながら、何時どんな時でも、正確に時が見えるようにしているのアはルミノックスだけでしょう。




毎年、私の誕生日には旦那様が腕時計をプレゼントしてくれます。 なぜ、腕時計かというと 結婚前に私が彼に腕時計をプレゼントした事が2人の中を深めるきっかけになった思い出の品だから、その気持ちを忘れたくないし、私にも思い出して欲しいからだそうです。 毎年、様々なタイプの腕時計をプレゼントしてくれます。 今年は、はやりのミントグリーンに金色というとても素敵なものでした。 腕時計をプレゼントしてくれるようになって10年。ですから、自分で持っていたものをあわせると手元には12個の腕時計があります。 そのどれもが、大切な思い出がつまったお品です。 男を見る時は、時計と靴を見よ って聞いたことありますけど、男だけじゃないですよね。 腕時計って自分も見るし人にも見られますから、小さくても とても目につくアイテムです。自分を表現するアイテムとしても重要なポイントにもなると思います。 ですから、自分が納得がいく大好きだと思えるものを身につけておきたいですよね。 ちなみに旦那さまは、いまだに結婚前にあげたその腕時計をはめていますよ。バンドだけを交換しながら。 いいものは、何年経っても正確に時を刻んでくれるものなんですね。 いやいや、そろそろ私も厳選した2本目の腕時計を旦那さまにプレゼントしなきゃな。 そ